ライブとか本とか猫とか

ライブとか本とかの感想

【読了】「改訂完全版 占星術殺人事件」島田荘司

やっと一冊読み終わりました。前回の大絵画展も時間かかったんですが、それから1ヶ月半掛かったよ…もうちょっと速く読めるようになりたいものです…。

 

今回読んだのはこちら↓

「改訂完全版 占星術殺人事件」著・島田荘司

言わずもがな、帯にもありますがミステリー好きなら必読の一冊です。

あらすじ

舞台は昭和50年代。そこから遡ること約40年前に勃発した迷宮入り事件。

それを主人公の石岡が占星術を生業としている友人・御手洗の住む部屋に持ち込んできます。

冒頭は梅沢平吉という人物の手記から始まっていますが、その手記こそ石岡が御手洗の元へ持ち込んだものです。

その梅沢平吉がとある事件を企んでいることが手記を読むことで分かるのですが、実際に起こった40年前の連続殺人事件の最初に殺されたのが梅沢平吉その人でした。

なのに、連続殺人事件の最後の事件こそがこの平吉が手記に綴っていた内容と同じ事件だったのです。

企んでいた本人が最初に殺されたのに、どうして事件は起こったのか?一体犯人は誰なのか?最初に殺された平吉は密室状態で見つかっています。その密室を作り出したのは誰なのか?

あまりにも解決の糸口が見えてこないがために40年もの間、未解決となっていた事件を果たして主人公の石岡と御手洗はどう解いていくのか?

というのが本作の流れです。

まず初めに

ネタバレは一切せずに感想を書こうと思いますが、こちら誰しも読む前に注釈が入ると思います。

実はこちらの占星術殺人事件、有名なのですが某金田一少年の事件簿にも出てきた同じトリックが使用されています。

ちなみに金田一少年の方が後になるので、いわゆるパクリだと騒動にもなった過去があるようです。

ここの問題に関しては私は詳しくないのですが、今現在では金田一少年の方は原作でしか読めなくなっているようで、初代金田一である堂本剛さんが主演だった時にだけドラマ化していますが、放送禁止にもなっているようです…DVD化はしているようですが、おそらく事件を知りたければ原作を読むか、DVDを見るしか無理だと思います。

ちなみに気になったので原作漫画の方を確認したところ、冒頭で「占星術殺人事件のトリックが使われています」と注意書きが入っています。

なのでこの騒動を覚えていて、なおかつ金田一少年を読まれた方はすでにネタバレになっています…。

私は世代的に(歳バレしてしまうが 笑)ドラマを見ていたのですが、すっかり忘れておりまして、占星術殺人事件の事件解決編でやっと「そういえば!こんなトリックの回ありましたわぁっ!」って思い出したぐらいです 笑

東西ミステリーベスト100の第3位

占星術殺人事件を読むきっかけになったのは某動画サイトで、おすすめミステリーの一冊として出てきてました。

これは読まねばなるまい、ミステリー好きが絶賛するならば絶対面白いだろう!と思ったわけですが…いや〜何というか「よくこんなの思いつくな!?!???!?」としか言いようのないトリックです。

そもそも、平吉の密室殺人のトリックも第二の事件も謎が多いわけですが、結局のところ一番の命題になっている第三の事件が解けることで第一、第二の事件も自然と解けていける構図になっていたと思います。

なので第三の事件に比べれば第一、第二の事件はそこまで複雑ではないのですが、如何せんこの第三の事件がとにかくトリックがね…ややこしい 笑

文系の私にはややこしい。私から見ればとても数学的トリックだなと思いました。

解説だけでは理解し難いほどにややこしい気がします(私がアホだからかもしれませんw)なので?改訂完全版では図式でも解説されており、なおかつ被害者の1人である平吉の家族構成も割と複雑です。

そして登場人物も多い!だから余計に頭がこんがらがります。

家族構成図が出てきた時点で栞を挟んでいつでも人物相関図を見れるようにしていた方が良いと思います。

 

ただ、読書メーターなどで感想を見た中で「こういうのが読みたかったんだよ!」っていう感想を見つけた時は非常に納得でした。

とにかく王道といえば王道。だけど今の時代、色々と現代だからこそひねられたミステリーが多い中で、時代背景も手伝って江戸川乱歩横溝正史のような猟奇的でもあり少し怖い、だけど確実に人が起こした事件、というあの独特の空気感が楽しめる推理小説でした。

 

まさしくミステリーではなく推理小説です。

 

推理小説ってこうだよね!これだよこれこれ!これが読みたいんだよ!!っていう作品だったと思います。すっごく好き 笑

 

冒頭にある平吉の手記の部分が非常に感情移入し難しい内容だったので、ここがとにかく読み進められませんでした…ずっと「なに言ってんだ?こいつ??」な感情が続きます 笑

ただ、この手記が終わればほぼ石岡と御手洗の会話が続き、その後ちょっと京都へ移動したりなんかして物語が動き始めるので、そこからはもうサックサク。

ちなみに読み初めにもありますが、読者への挑戦状の部分があります。

なので読み手もしっかり謎解きが出来るように解決編までに全てのフラグ、全てのヒントが出ています。

謎を解きながら読みたい方にも面白い作品だなぁと思いました。

まとめ

改めてですが、やはりミステリー好きが読むべき本と言われてるのが分かる作品だったと思います。

私はそんなに読書できてる方ではないのですが、ミステリーが大好きなので占星術殺人事件を読むことにして本当に良かった。

島田荘司さんは初めて読みましたが(もちろん名前は存じ上げておりました)これを機に御手洗シリーズを読んでみようと思います。

あ、シリーズ名で分かると思いますが今作は御手洗が探偵役です 笑